So-net無料ブログ作成

憧れのアイドルに会えた!痺れました!

私が、一番大好きなシンガーは、Norma Winstoneです。と言い続けて

25年位になるでしょうか。3週間位前に、お知り合いから、彼女が東京で

ライブをします!と連絡を頂きました。

Norma Winstone日本初ライブです。「わわわわ!!どうしよう!!」

そりゃあ、もう即予約です。 私の知り合いのNorma ファンにもすぐお知らせ。

新宿ピットインで2days。一昨日と昨日と行ってきました。


彼女はイギリス人で、シンガーというより、Voiceという立場で活動されています。

そして、多くのオリジナル曲に歌詞も書いています。

私の2ndアルバムに入っているLadies in Mercedezも彼女の作詞です。


1970年代にジャズの中でもフリーな演奏が流行りましたが

シンガー達にもその傾向がありました。 彼女はスキャットなどを駆使して

そういう楽曲も歌っていますが、スタンダードも独自の解釈とアレンジで

素晴らしい演奏を残しています。 いわゆるジャジーな声ではないのですが、

美しい声色とコントロールされたピッチ、リズム、スイング感は目を見張る

素晴らしさです。


今回は、ここのところずっと一緒に活動しているイタリア人のピアニストと

ドイツ人の菅奏者(ソプラノsax、バスクラ)とのトリオでの演奏でした。


確かに日本ではあまりメジャーではないのですが、コアなファンが集まった

熱い、熱いライブでした。


彼女は、とても控えめな性格のようで、登場した時には少し心配そうに

客席に向かって「Thank you!」とあいさつされて歌い始めましたが。

強力な集中力で、超むずかしい曲をバンバンと歌いつづっていきました。

共演のミュージシャン二人がこれまた、超絶技巧です。こんなにレベルの高い

演奏を初めて聞いたように思います。 しかし、Normaの慈愛あふれる声が

その演奏を、難しいだけのものにせず、暖かさや、切なさ、とにかく溢れ出る

愛情で会場を感動の渦に包み込みました。


「ああ!この感覚、音楽を聴いて私の魂が気持ちいいと思っている!」

久々にそんな気持ちにさせて貰いました。 一日目よりも二日目がまた

さらにリラックスしていて、3人の演奏は同じ曲でも全然違ったものに

聞こえました。初日に解らなかったことが解ったり、歌詞もよく聞き取れて

さらに感動しました。 Normaは私の宝物です。来年も来てくださいね。

ワークショップもしてね!とお願いしてきました。


お宝ショットです。まずは初日の演奏後!

Norma Winstone.jpg

2日目の演奏後です。

Norma Winstone 2日目ー2.jpg

御年70歳ですって、凄いパワーですよ。 同じシンガーの端くれとして

もっともっと頑張らなくちゃ!と思わせてくださいました。でも足もとにも

及ばないなあ~! それより、Normaに魂を癒して頂いて、私はNorma教の

信者になってしまいました。 有難うNorma!!





nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

invs

Norma Winstone 2015年公演も決まりました。よろしくお願い致します。

http://invs.exblog.jp/23260949/
by invs (2015-07-11 10:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。